彼女に私の想いは届かない

8話 「彼女の裏切り」

8話 「彼女の裏切り」

 

手紙を自宅に届けて、数週間。
いまだに彼女から連絡がない。

 

あんなに苦労して書き上げたのに、、、。

 

彼女から裏切られた思い出一杯だった…。

 

「ここまで思ってあげてるのに!!」
(当時は本当にこんな気持ちでした)

 

手紙で彼女に思が伝えられないならば、選択は残り1つしかありません。
彼女と直接話すしかない。

 

私は直接会う決心をした。
彼女の家は分かっている!

 

直接話したら分かってくれるかもしれない。
これしか、彼女と話す方法が思いつかなかったのです。

 

そう思い車を走らせ彼女の家に向かった。
しかし、チャイムを押す決心がつかない。

 

なぜなら、

 

これが最後の手段!

 

といことを理解していたからです

 

「拒絶されたらどうしよう」

 

また、彼女の家は家族もいるため安易に近づけない。
ではどうすればいい?

 

彼女が帰ってくるのを待ち伏せするしかない、、。
そう思ったのです。

 

彼女の家の前で彼女の帰りを待つ!

彼女の家の前で彼女の帰りを待つ!

 

幸い近くに、彼女の家を見渡せる小さな喫茶店があったので、そこで彼女を待つことにした。

 

私は彼女の帰宅を狙って彼女に話しかける作戦を思いついた。
喫茶店の窓側は、彼女の家が見えるので、発見すればすぐに彼女を追いかけることが出来る。

 

ここで、偶然を装うか、彼女を待ってたパターンで話すか迷ったが、こんな場所で偶然を装うのは無理があるので、ストレートに行くことに決めた。

 

しかし、5時間経っても帰ってくる様子がないので、また明日来ることにした。
そして明日また喫茶店に行ったのだが..........。

 

前⇒7話 「手紙」
次⇒9話 「ストーカー」